ピックアップ

様々な種類の手法

結婚式で演出を考えるときには、様々な種類の手法から選択することができます。定番の方法からイレギュラーな方法まで多岐にわたる中で、映像による演出は欠かすことができません。

» readmore

バランスは意識する

結婚式の演出を考えるときに陥る問題に、自分たちがやりたいことをとにかく盛り込みたいという願望ばかりが出て、押し付けがましい印象を与えることが懸念されます。映像においては特に顕著な問題で、バランスは意識するべきです。

» readmore

感謝を伝える方法

結婚式の演出を利用する中で考えておきたいのは、感謝を伝える方法として有用だということです。それは、家族に対しても、参列してくれたゲストに対しても、映像だからこそもてなしの中で伝えられることがあるからです。

» readmore

便利な使い方

結婚式の演出には盛り上げや感動など様々なベクトルの手法があります。その中でも映像を活用していくことは、要所ごとに便利な使い方ができるという点で有用性が高いことに注目できます。

» readmore

自分中心に考えない

プランが豊富!名古屋で真剣に結婚相談をしてみませんか?あなたのやる気次第でピッタリのパートナー探しが実現になります。

自然と主役になる

結婚式は一生に一度のこと、だからこそとことん輝き着たいと思うのは自然な感情です。ですが、ここで迷いが生まれやすいのが演出の内容です。
結婚式という晴れ舞台、およそ2時間3時間程度の時間の間に何を盛り込んでゲストに楽しんでもらうのか、それは重要な問題です。
特に、晴れ舞台だという意識が強いほど失敗したくないという思いが生まれがちです。
ここで考えるべきことは、そこまで肩肘を張らなくても十分自分は自然と主役になることができるという点です。
自分が結婚する契りを交わして近親者に報告をするパーティーを開催するわけですから、必然的に自分がホストと同時に主役になります。
そのため、あまり難しいことを考えなくてもやりたいことを取り入れていけば自然と良い時間になると考えられます。

ゲストが楽しいか意識

結婚式の演出で迷った時には、その演出で本当にゲストが楽しいか一旦ゆっくり考えなおしてみることが大切です。
たとえば、贅の極みを尽くすような演出は派手でインパクトもあるため、自分が主役になったことを否応でも感じられるのが魅力です。ですが、ご祝儀がその費用に消えていると思われてしまっては本末転倒で、主役の印象が悪くなることは想像に固くありません。
また、あまりに奇をてらいすぎた演出はかっちりハマれば問題ないことですが、結婚式には様々な年代、様々な関係性の人物が出席する場です。その誰もがそれなりに満足できる演出はある程度限定される部分があるため、変化球すぎるアプローチは危険です。
もちろん、やりたいようにやって問題ないのが結婚式ではあります。やりたいと思ったなら取り入れれば良い演出がほとんどですが、そこで一旦ゲストが楽しいか意識してみることは欠かせません。
そして、ゲストに対して楽しいと思わせるのではなく、楽しいと思ってもらえる演出としてあげられるアプローチの一つが映像を活用することです。
結婚式に存在する目的の一つ、気持ちを伝えるという部分を果たすと同時に、ゲストにも新郎新婦にもちょうどいい恩恵が存在することから、映像を使った演出は結婚式で積極的に活用したいところです。